木皿泉

昨夜のカレー、明日のパン

本のあらすじを読むことができます。
OK

若くして死んだ一樹の嫁と義父は、共に暮らしながらゆるゆるその死を受け入れていく。本屋大賞第2位、ドラマ化された人気夫婦脚本家の言葉が詰まった話題の感動作。書き下ろし短編収録!文庫版解説=重松清。

♪何故に、かけがえのないものばかり積もっていくのか?
0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK