筒井康隆

残像に口紅を (中公文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK
変。なのに、違和感がない。
非日常の日常とも呼べるようなこの小説には、
聞き馴染みがよいのに、ひとクセあるこの曲を。
極端な高揚感も悲壮感もない、ゆるりとした雰囲気もあってるかと。
0
0件のコメント