ウラジーミルナボコフ

絶望 (光文社古典新訳文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

ベルリン存在のビジネスマンのゲルマンは、プラハ出張の際、自分と“瓜二つ”の浮浪者を偶然発見する。そしてこの男を身代わりにした保険金殺人を企てるのだが...。“完全犯罪”を狙った主人公がみずからの行動を小説にまとめ上げるという形で書かれたナボコフ初期の傑作!

自分とよく似た容姿を持つ浮浪者の男と出会い、保険金殺人を企てる男の話です。ナボコフ流の叙述トリック。

曲によって物語が、また物語によって曲が少し変化する気がしますね。
0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK