山田悠介

僕はロボットごしの君に恋をする

本のあらすじを読むことができます。
OK

ミリオンセラー作家、4年ぶりの長編小説。極秘プロジェクトに巻き込まれた二人の恋の先に、驚愕&感動のラストが待っている!

物語のラストで、この楽曲である理由がわからはず。
0
0件のコメント

山田悠介

【文庫】 その時までサヨナラ (文芸社文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

遺された指輪から明かされる亡き妻の想いとは? ホラーの鬼才がはなつ愛と絆のミステリー。

例えば・・・

 ただ笑い合えてた日々が
 知らぬ間に遠くなっていても
 伝えたくて この胸の願いを

は、どんどん夫婦関係が悪くなってしまったけど
修復したいという亜紀の思い

こんな感じで歌詞が所々
亜紀と悟、悟と裕太のことを歌ってるように感じました。
0
0件のコメント

山田悠介

名のないシシャ (角川文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

少年は人の『死までの時間』が分かり、命を与える特別な力を持つ『シシャ』という存在だった。名を持たぬ彼は人間の少女・玖美から“テク”という名前をもらい、少しずつ喜びや悲しみといった感情を知る。しかし、永遠に大人にならないテクと成長していく玖美には、避けられない別れの運命が迫っていた。いつか、命を捧げてもいいと思う人間に出会えるのだろうか―切なすぎるラストが胸をうつ、ナナシの命と運命の物語。

「残された時間の中、僕ら生きてくんだこの日々を」
とてもリンクします
0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK