浅生鴨

伴走者

本のあらすじを読むことができます。
OK

自分ではなく他人のために、勝利を目指す。選手の目の役割を果たす伴走者の熱くてひたむきな戦いを描く、新しいスポーツ小説!

最後の一文で決めました。相手の色は見えなくても、それを塗り潰さず尊重する、という難しさ。そして、自分の色を大切にする意味も考えた。
0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK