辺見庸

本のあらすじを読むことができます。
OK

これは〈語られたくない事実〉への小説の挑戦――21世紀文学の新たな刻印

「まだ、まだ足りない」と焦る、さとくんの荒い息遣いが聴こえてきそうである。革命を志す彼は、いかにして「生き急ぐ」から「切り刻む」に至ったのか。このラップは、難解な小説を読みとくヒントになりうる。
0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK