辻村深月

凍りのくじら

本のあらすじを読むことができます。
OK

藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う一人の青年に出会う。戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。そして同じ頃に始まった不思議な警告。皆が愛する素敵な“道具”が私たちを照らすとき―。

0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK