荻原浩

金魚姫 (角川文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

直木賞作家の真骨頂! 笑って泣ける人間讃歌。

主人公・潤の着信音。弱い魔法を積み上げる時間は、まだ残っていると信じて。

《すべては繋がっている》
0
0件のコメント

荻原浩

花のさくら通り (集英社文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

倒産寸前のユニバーサル広告社。コピーライターの杉山を始め個性豊かな面々で乗り切ってきたが、ついにオフィスを都心から、“さくら通り商店街”に移転。ここは、少子化やスーパー進出で寂れたシャッター通りだ。「さくら祭り」のチラシを頼まれた杉山たちは、商店街活性化に力を注ぐが...。年代も事情も違う店主たちを相手に奮闘する涙と笑いのまちづくり&お仕事小説。ユニバーサル広告社シリーズ第3弾。

ハチャメチャな街おこしに商店街の誰もが忙殺される中、光照(寺の跡取り息子)と初音(教会の娘)の「禁断の恋」だけはユルい。広大な砂漠で、そこだけオアシス。まさに、『ラブとピース!』のPVそのままなのです。とりわけ、「修行中の彼氏とどうやって会うのか問題」への初音の答えには…笑いながら泣きました。
0
0件のコメント

荻原浩

噂 (新潮文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。

♪凄かった、マジ笑った、ハイ終わり...▼小説はLINEもTwitterもない時代設定だが、『裸の王国・エピソードゼロ』と称しても過言ではない内容です。
0
0件のコメント

荻原浩

砂の王国(下) (講談社文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

三人で立ち上げた新興宗教団体「大地の会」は私が描いた設計図どおりに発展。それどころか会員たちの熱狂は、思惑を超えて見る見る膨れ上がっていく。奇跡のような生還と劇的な成功。だが、そこで私を待っていたのは空虚な祝祭と不協和音だった。人間の底知れる業と脆さを描ききった傑作長編、慟哭の結末!

「俺を忘れるな」と必死に叫んでも、人々の耳には蝉の声。それでも何かが変わると信じ、短い夏を這ってゆく。
0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK