うぐはら

感想なのか詩なのか分からない文章を書く人。エンタメ小説を中心に純文学、エッセイなどを読みます。
邦楽ロックとJ-POPが好物。

※選曲は非公式です。
公式様とは一切関係がございませんので
予めご了承ください。

卒業式の日、誰もいなくなった教室で、制服を脱ぐときが訪れた少女と男性教師が「恋」について交わす会話のゆくえは……。(「セーラー服を脱がないで」)ほか、“トラウマテクノポップ”バンド・アーバンギャルドのリーダー松永天馬が描きだす「少女」たちの物語。病的にポップ。痛いほどガーリー。アーバンギャルドの代表曲をモチーフにした短編小説12編を収録した短編集。電子版には宮崎夏次系イラスト集を収録。

あたしたちの青春は、誰にも邪魔されない。生きてるかぎり何度でも人生を謳歌できるんだもの。パッケージ化された人生がなんだ。リボン禁止なんてへっちゃら。大人たちからの暴力だって、つまんないマナーやしきたりも、みんな可愛い紅白の水玉になっちゃえばいい。いつだってあたしたちはポップでハッピー。無敵だもん。
0
0件のコメント

突然のキスから始まったそれは恋?友情?それとも......boy meets boyの甘く切ない恋愛小説。

『愛の言葉と言い訳は似ている』

Pretender。和訳すれば「詐称者」だ。港くんの嫌味がない性格とヤマトが否応なしに魅せられる危険な魅力が、万人の心を打つ曲の心境と重なるのだろう。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

ボッコちゃんに収録されているお話に通じるのは、圧倒的な『終末感』。確かに時代錯誤な内容や現代の技術で補完された課題もありますが、アイロニーと幸福な虚無感は普遍的だと思うのです。皆様はどうでしょうか。
0
0件のコメント

優雅だが、どこかうらぶれた男、一見、おとなしそうな若い女、アパートの押入れから漂う、罪の異臭。家族の愛とはなにか、超えてはならない、人と獣の境はどこにあるのか?この世の裂け目に堕ちた父娘の過去に遡る―。黒い冬の海と親子の禁忌を圧倒的な筆力で描ききった著者の真骨頂。

獣の血に抗い孤独を埋め合わせるように惹かれ合っても、互いの心の空洞は塞がらず、花の奥部に似た鬱血の滲みは拡がるばかりで。
0
0件のコメント

希望を失い、にわか地上げ屋となった中年男。路地裏の古アパートに居座る奇妙な男と酒を飲めば、喪失感に満ちた過去へと意識は引き戻される。死んでしまった同棲相手や裏切られた友人。陰陰滅々とした雨の向こう側に、生の熾火は見えるか。第123回芥川賞受賞作。受賞後第一作「ひたひたと」を同時収録。

青く若い身のまま朽ち果てる盛りの花に噎せ返り、憎悪の穴埋めに堕ちて甘美な夢を抱くのは罪ですか。
0
0件のコメント

「あたしは、突然この世にあらわれた。そこは病院だった」。限りなく人間に近いが、性的に未分化で染色体が不安定な某。名前も記憶もお金もないため、医師の協力のもと、絵に親しむ女子高生、性欲旺盛な男子高生、生真面目な教職員と変化し、演じ分けていく。自信を得た某は病院を脱走、そして仲間に出会う―。愛と未来をめぐる破格の長編小説。

くにゃくにゃと入れ代わり立ち代わり存在を変化する正体不明の生命体『某』が、最後の最期で愛を獲得したことに希望を託して。
0
0件のコメント

もし僕の墓碑銘なんてものがあるとしたら、“少なくとも最後まで歩かなかった”と刻んでもらいたい―1982年の秋、専業作家としての生活を開始したとき路上を走り始め、以来、今にいたるまで世界各地でフル・マラソンやトライアスロン・レースを走り続けてきた。村上春樹が「走る小説家」として自分自身について真正面から綴る。

村上さんのストイックな追求の数々を読んでいると、こちらもむくむくとエネルギーを補給される気がします。天才と呼ばれる彼にも無数の努力の跡がありました。同じく努力の天才で、音に対し飽くなき探求を続けるこの曲で。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

爆発とはダイナマイトのようなものでなく、もっと静かに燃える闘志や炎のようなもの。ふつふつと沸き立つ情熱をぶつけ、信じるままに道を歩けば、本当の自分が見えてくる。
0
0件のコメント
まるで魔法でした。どのような困難が生じても清らかな心で奇跡を信じていれば必ずきっかけは訪れることでしょう。神の遣いが残した透明な鱗を拾い、虹の翼の天使に遭遇し、ステンドグラスのように輝く万華鏡を見つけ、優しい人魚姫の宝を授かるように。
0
0件のコメント

広大な地下工場で蛹に拘束され、羽化=自由を夢見る男。異様な労働、模造の蝶、監督官による殴打、地中の街。理不尽な状況から逃れるため、命懸けで道化を演じるが――。不条理な世界で人間に本当に必要なものは何か。そこで人はどう生き延びるのか。注目の新人作家が圧倒的力量で放つ、コロナ禍の現実と響き合う傑作長篇。

現実の辛さから人格を乖離して、アルレッキーノと共に生きる道を選んだ天野正一。二頭の獏の幻覚に悩まされながら、次第にアイデンティティを混濁してゆく。人にも蝶にもなれない羽化不全の蛹は不完全なまま適応するしかない。
量産された現代社会は、無機質な秩序を得て管理されるのだ。暴力のなかで生まれる冷たい機械仕掛けの蝶は、憐れむのが酷になるほど滑稽な道化師に似合っていた。
0
0件のコメント

耳を澄ませば、彼らの声が聞こえるはず。ヒロシマ、ナガサキ、トウキョウ、コウベ、トウホク...。生者と死者の新たな関係を描いた世界文学の誕生。

静かにチューイングを合わせて。どんなに悲しくても声は聞こえる。耳をすませてゆっくり目を閉じれば、DJアークのラジオだ。
0
0件のコメント

本書は2018年6月3日に「レンタルなんもしない人」というサービスがスタートした時から、2019年1月31日「スッキリ」(日本テレビ)出演まで、半年間におこった出来事をほぼ時系列で(だいたい)紹介するノンフィクション・エッセイです。本当になんもしてないのに次々に起こるちょっと不思議でこころ温まるエピソードの数々。

なんもしない状態がいつしかアイデンティティに膨らんで、独自の哲学を構築し独り歩きする様子がシュールで興味深かったです。
0
0件のコメント
当たり前のことを続けることは、一種の才能だ。毎日使うものを磨いて綺麗にして、気持ちよく明日を迎える。それだけで日常は少しずつ輝く。心に風が吹き込まれて、生きる愛着が増すのだと。
0
0件のコメント

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 妊娠中のもぐらと一緒に写真をとったり、町内の縄文人街を散歩したり、子供たちを折りたたんで押入れにしまったり、中くらいの災難に見舞われ一時乳房等の数が二倍になったり。奇想天外でヘンテコで不気味な出来ごとが、次々と繰りだされる日常を、ごく淡々と送る女性の、ユーモラスな春夏秋冬。一足踏みいれたらきっととりこになる、とっぷりと心地よい「椰子・椰子」ワンダーランド。

間延びした日常が可笑しさを含んで続く様が好きだ。今は野鳥荘の家主とぺたぺたさんに出会いたい。レトロなサウンドに奇妙で愛しい歌詞を合わせて。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

漫画に対する全ての情熱と愛を、この曲に捧げます。聴いて下さい。
1
1件のコメント
過去を振り返り、怒りに囚われず今日を歩む。様々な意味が込められた名作でしたね。
0
返信する

もしもなにかをなくしたら。もしももどってこないなら。何度も読み返してほしい、ヨシタケシンスケが描く新しいものがたり。

もしものせかいは、
私たちのすぐ近くで育っている。

手を繋いで笑い合える日は
まだお預けみたいだけど、
光は必ず差し込むから。

だからそこで待っていて。
豊かな大地が芽吹くまで。
0
0件のコメント

きみの足には役目がある。にげること。そして、さがすことだ。

スピッツの楽曲は魔法みたいだ。
絵本が現実に溶けこんでゆく。

「こわいひとから逃げる」
「大切な誰かを探しにゆく」
シンプルなテーマだからこそ、
秘められた言葉を探すんだ。

終わりのない恐怖に怯える人がいたら、
この本をそっと差し出そう。
行く道を明るく照らす光を。
0
0件のコメント

新山遥には、死の近づいている人がわかる。十歳で交通事故に遭い、両親と妹を失ったころからだ。なぜこんな力が自分にあるのか、なんのためにこの力を使えばいいのかはわからない。けれど見て見ぬふりのできない彼は、死の近い人々に声をかけ、寄り添う。やがて、二十四歳になった遥は、我が子の誕生を待っていたが……。愛する人を想う気持ちに涙があふれて止まらない、運命の物語。

誰よりも優しい君へ。泡を吐き出し、真っ青な胸を痛めながら翼を傾げ逆さまに堕ちてゆく。

華奢な胴体は小刻みに震え、息をする度淡い色に包まれる。

「どうか、悲しまないでおくれ」

君が最期に見る世界が、何処よりも透き通った海であることを祈っている。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

はじめから運命を知り、心の痛みを知っていた『彼』は蒼く脆く澄んでいた。複雑な心境を悟られ嫌われたくなかった。最期まで背負い込んだのだ。鳴り響く鐘の音と、影を帯びながら美を演出する前奏。ぴんと張り詰めた声は若葉と落ち葉の頃を行き来する。これは死の交響曲でなく生の鼓動なのだと。
0
0件のコメント

ある一家で見つかった「ユリゴコロ」と題されたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。この一家の過去にいったい何があったのか? 絶望的な暗黒の世界から一転、深い愛へと辿り着くラストまで、ページを繰る手が止まらない衝撃の恋愛ミステリー! まほかるブームを生んだ超話題作、ついに文庫化!

殺めることで心の拠り所を確保する。
身体に空いた穴を満たす為、淡々と行為を繰り返す。何があるというのだろう。祈り紛いの行為はとっくの昔に棄てたというのに、胸がざわついて離れない。執着を愛と呼ぶならば、守り抜いてきたものは何なのだ?
0
0件のコメント