平野啓一郎

ある男

本のあらすじを読むことができます。
OK

彼女の夫は「大祐」ではなかった。夫であったはずの男は、まったく違う人物であった......。平成の終わりに世に問う、衝撃の長編小説。

「名前も過去も今はいらない」なんて、文字で読むと洒落た響きになるけれど、
この小説と共に聴くと、底知れぬ悲壮感を持って耳に残る。
0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK