R・J・パラシオ

ワンダー Wonder

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

「いじめをノックアウト」でも「みんなで握手」でもなく。もっと、小さな人間としての選択肢を見出だせたら。簡単に答えは出ないけれど。
0
0件のコメント

石井睦美

100年たったら

本のあらすじを読むことができます。
OK

あいたい―ライオンと鳥がたどる、せつなく壮大な物語。

「ひゃくじゅうの王じゃなくたっていいんだよ。おれはただ、あんたといたいんだ」

なんとなく、この人とはまた会えそうだ、という予感は時折ある。共にいる時間を稼ごうと執着しなくとも、自然と道が重なっていく。そんな関係が素敵だなと思う。
0
0件のコメント

今村夏子

あひる (角川文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

読書界の話題をさらった芥川賞候補作「あひる」を含む、著者の第二作品集。

「アヒルGOD」。これを大袈裟だと笑うなかれ。実は無意識のうちに、あひるを神にまでしてしまった夫婦の物語がある。
0
0件のコメント

重松清

ニワトリは一度だけ飛べる (朝日文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

左遷部署「イノベーション・ルーム」に異動となった酒井裕介のもとに「ニワトリは一度だけ飛べる」という題名の謎のメールが届くようになる。送り主は酒井らを『オズの魔法使い』の登場人物になぞらえて、何かメッセージを伝えようとしているようなのだが...。

♪これまでの僕は臆病を背に
 これからはそれを極上の絵に

飛び方を思い出したニワトリは、その痩せた翼を広げる。
0
0件のコメント

燃え殻

ボクたちはみんな大人になれなかった (新潮文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

それは人生でたった一人、ボクが自分より好きになったひとの名前だ。気が付けば親指は友達リクエストを送信していて、90年代の渋谷でふたりぼっち、世界の終わりへのカウントダウンを聴いた日々が甦る。彼女だけがボクのことを認めてくれた。本当に大好きだった。過去と現在をSNSがつなぐ、切なさ新時代の大人泣きラブ・ストーリー。あいみょん、相澤いくえによるエッセイ&漫画を収録。

「いいねのわけない、押せるわけない」

ザッカーバーグを恨んでも始まらない。裏腹な気持ちを抱えて、それぞれの幸せを目指す。
0
0件のコメント
♪マジな話、自分だけが不幸だと追い詰めるのバカらしい

話が通じないと嘆く前に、自分の声を聞いてみる。
0
0件のコメント

柚木麻子

ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)

本のあらすじを読むことができます。
OK

毎朝スカイツリーを見上げながら、水上バスで通勤する富田宝子、28歳。浅草にあるおもちゃ会社の敏腕プランナーとして働く彼女は、次から次へと災難に見舞われる片想い中の西島のため、SP気分で密かに彼のトラブルを解決していく...!やがて、自分の気持ちに向き合ったとき、宝子は―。

曲のラップパートでは「巻く」という言葉が効果的に使われ、「自分の心にねじを巻いてくれるのは自分だけ」という小説のキーフレーズを連想させる。

「頭の中はパニック」「やめる?やっぱりやる!」という辺りも、優柔不断かつ頑固な主人公の姿が浮かぶ。巻き返せ♪
0
0件のコメント

SEAMO

続けてきただけ SEAMOの言葉

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

刊行から10年以上。

「続ける」というシンプルなテーマはブレずとも、更に経験値を積み上げ、言葉はより深みを増す。そして天狗の輝きも...
0
0件のコメント

あらすじは準備中です。

シンプルなことでいい。自分の歩幅を意識する。水溜まりの前で足を止めてみる。その積み重ねで、日々を刻み込む。

「夢はいるのに心は迷子 そんなことでは叶わないよ」
0
0件のコメント

恩田陸

光の帝国―常野物語 (集英社文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

その翼は汚れていて、他人が触れるのを怖がるかもしれない。皆が気軽に口ずさむ歌のように、華麗に広がることはないだろう。ならば、どうするか。
0
0件のコメント

恩田陸

夜の底は柔らかな幻 上 (文春文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

「やらなきゃやられる世界」…正義も悪もなく、ただ力のある者が支配を勝ち取る展開に震えるほどのショックを受けた。捕食される運命に、必死に抗う人々の姿もまた、別の意味での衝撃を与えてくれるけれど。
0
0件のコメント

梅崎司

15歳 サッカーで生きると誓った日

本のあらすじを読むことができます。
OK

その日、僕は“父親”になった。本音と向き合い続けた覚悟のサッカー人生。

プレーヤーとしてはベテランの域に入った梅崎選手ですが、15歳で固めた決意は微塵も揺らいでいないはずです。

彼の現在進行形の覚悟を、より多くの方に知ってもらうために、主題歌をつけました。【希望7:悲愴感3】のイメージです。
0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK