小野正嗣

水死人の帰還

本のあらすじを読むことができます。
OK

遠い号砲が、オジイの戦争の記憶を呼び覚ます。悪戯者の猿は、オバアの血を騒がせる。冥界から使者が訪れ、水死人は姿を変えて帰還する―。『九年前の祈り』の新芥川賞作家、奇想あふれる6篇。最初の作品から20年の光跡を示す魅惑の短篇集。

黒く淀んだ水は流れ続け、
青年は赤い花に埋もれたまま、
朽ちてゆく。

死者は彼岸から此岸へ現れた。
青年は死者と手を取り踊る。

彼からすれば、一途な純愛に違いない。
こちらからすれば、理解に苦しむが。
0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK