今村夏子

【第161回 芥川賞受賞作】むらさきのスカートの女

本のあらすじを読むことができます。
OK

近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性のことが、気になって仕方のない“わたし”は、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で彼女が働きだすよう誘導する。『あひる』、『星の子』が芥川賞候補となった話題の著者による待望の新作中篇。

日常の中に潜む狂気みたいなものを見た気がしました。決して派手ではないけれど、静かに、そして自己愛と相手への愛が交差する少しばかりの不気味さ。
むらさきスカートの女はそこまで狂気ではない。
0
0件のコメント

佐藤多佳子

明るい夜に出かけて (新潮文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

富山は、ある事件がもとで心を閉ざし、大学を休学して海の側の街でコンビニバイトをしながら一人暮らしを始めた。バイトリーダーでネットの「歌い手」の鹿沢、同じラジオ好きの風変りな少女佐古田、ワケありの旧友永川と交流するうちに、色を失った世界が蘇っていく。実在の深夜ラジオ番組を織り込み、夜の中で彷徨う若者たちの孤独と繋がりを暖かく描いた青春小説の傑作。山本周五郎賞受賞作。

鹿沢が初めて歌った「明るい夜に出かけて」のイメージ。童謡みたいなスローの4拍子で、低めのパートで、やわらかい。「動物たちもビルや森も僕たちより上手くできているね」と言いそうな不器用な登場人物たちに。
0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK