ボランティアの現場、そこは「戦場」だった―筋ジストロフィーの鹿野靖明さんと、彼を支える学生や主婦らボランティアの日常を描いた本作には、現代の若者の悩みと介護・福祉をめぐる今日的問題のすべてが凝縮されている。講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞をダブル受賞した名著。

山田太一さんの解説にもある通り、シカノさんは、本当に何でもありだった。愛しき実話っていうよりは、激しき実話(笑)。

全てさらけ出せ。Anything Goes!
0
0件のコメント

西加奈子

きりこについて (角川文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

小学校の体育館裏で、きりこが見つけた黒猫ラムセス2世はとても賢くて、大きくなるにつれ人の言葉を覚えていった。両親の愛情を浴びて育ったきりこだったけれど、5年生の時、好きな男の子に「ぶす」と言われ、強いショックを受ける。悩んで引きこもる日々。やがて、きりこはラムセス2世に励まされ、外に出る決心をする。きりこが見つけた世の中でいちばん大切なこととは?読者からの熱烈な支持を受け、ついに文庫化。

彼女はただ、自分らしく生きようとしていただけだった。ありのままを貫いていただけだ。堂々とした態度に敬意を込めて、この曲を贈ろう。
0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK