作家

本のタイトル

その本に音楽をならそう。
投稿する
ベストBGM

本谷有希子

生きてるだけで、愛。 (新潮文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ。25歳の寧子は、津奈木と同棲して三年になる。鬱から来る過眠症で引きこもり気味の生活に割り込んできたのは、津奈木の元恋人。その女は寧子を追い出すため、執拗に自立を迫るが...。誰かに分かってほしい、そんな願いが届きにくい時代の、新しい“愛”の姿。芥川賞候補の表題作の他、その前日譚である短編「あの明け方の」を収録。

嫌いなもの、苦手なものが多すぎる世界の中で、あなたの存在だけを求めている。

鬱屈しているようでいて、まっすぐな部分もあるペアリング。
0
0件のコメント