森村誠一

腐蝕の構造 (角川文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

ラストで主人公が愛すべき者を求めて山頂を目指す瞬間がオーバーラップする。汚れなき頂上へ。
0
0件のコメント

森村誠一

霧の神話 (角川文庫 緑 365-23)

本のあらすじを読むことができます。
OK

妻は、あの幻の女ではないのか。立山の宿で一夜熱く貪り合った謎の女...おぼろな残像を見合い相手に重ねた魚住は結婚した。が、新婚旅行の先々で、魚住は隠見するヤクザに気づく。この妻は...怪しい。そして、ヤクザの惨殺体が発見された。

美しき妻は雪山で主人公を救った命の恩人なのか?しかし周辺で疑惑が・・・?
0
0件のコメント
一見無関係に見える事件。しかし別の事件が発覚したとき、わずかなものから二つの事件が一つに結びついていく。実際の事件をヒントに取材を重ねた社会派ミステリー。
0
0件のコメント

あらすじは準備中です。

戦時中日本人は中国で何をやらかしたのか?この実態を直視しない限り未来の日本は保障できるとは限らない。必読の書。
0
0件のコメント

森村誠一

夕映えの殺意 (角川文庫 緑 365ー21)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

戦時中、中国に残された日本人捜索をアメリカ資産家から依頼された調査員。しかし待っていたのは?生き残りの者を見つけて日本へ帰されることができるのか?
0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK