横溝正史生誕120年記念復刊! 横溝正史の異色傑作!

1960年代、週刊誌掲載時はХХの中の女で統一した短編集。窃盗、失恋、浮気…金田一の行くところ事件あり。麗人復刊!
0
0件のコメント

「犯人」が死んだ時、すべての動機が明かされる――新世代の青春ミステリ!

就活を賭けた大学生のバトル!果たして生き残るのは誰か?マツケンサンバの旋律にのせて心理戦へ。
0
0件のコメント
横溝作品には没後新発見された原稿があり、少年少女小説も然り。懐かしくもあり新たな発見もある。必読。
0
0件のコメント

結婚まもない戸沢は、妻・雅美のもつスクラップブックに、場違いな推理批評家の評論「完全犯罪考」を発見し、妻の過去に疑惑を持つ。彼はひそかに妻の周辺を洗いはじめるが、その矢先、不慮の事故であえない最期をとげた。だが、その偽装された事故死の真相を暴いたのは、他ならぬ雅美の鋭い推理だったのだ。雅美の過去には何があったのか……。という表題作に、「妖獣の債務」「魔犬」「風媒の死」「盗めなかった“切り札”」「致死鳥」「断罪喫茶店」「飼い主のない孤独」「盗まれた密室」の9編を収録。

女性の犯罪、喫茶店、老女🆚ドロボー、動物の習性…何気ない日常に潜む陥穽を描いた7つの短編小説。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

オレンジの光の先にあったのは犬吠埼のキャバ嬢水死と八丈島の看護師の他殺体。死の連鎖は巨大組織にも…。
0
0件のコメント
カルト教団組織の師匠ミハイルは信者を戦士に仕立て上げ各界でテロ活動を繰り返した。潜入した女検事がミハイルの罠に落ちて殺された。同僚検事はゴルゴ13に仇討ちを依頼する。テレビアニメにもなった問題作。
0
0件のコメント
毎日虚無感を感じつつ空を見上げる。そのときラジオから、蒸発した妻の声が!主人公はわが子とともに足跡を追う。作者亡き後今も人気が絶えないサスペンスの1作。
0
0件のコメント

デビュー戦を初回KOで飾ってから三敗一分。当たったかもしれないパンチ、これをしておけば勝てたかもしれない練習。考えすぎてばかりいる21歳プロボクサーのぼくは自分の弱さに、その人生に厭きていた。長年のトレーナーにも見捨てられ、変わり者のウメキチとの練習の日々が、ぼくを、その心身を、世界を変えていく――。《第160回芥川賞受賞作》。

逢えなくなるその日まで
あなたといたい
今日よりも暖かい明日を

負けっぱなしのボクサーがトレーナーのウメキチと交流するとき、果たして世界を獲れるのか?
0
0件のコメント

財閥・紀尾井グループ会長の令嬢姉妹が搭乗していた小型飛行機が、北アルプス後立山で消息を絶った。それを聞いた姉妹の婚約者は、公にせず、別々に捜索隊をたて、秘密裏に現場へ向かう。会長が死の床にあり、その財産を独占するための絶好の機会と捉えたのだ。何人も寄せつけない「幻の谷」で、過酷な自然を舞台に様々な人間の野望と思惑が交錯する傑作山岳推理。

莫大な資産を巡り天空の密室といわれる北アルプスに閉じ込められた男女の疑心暗鬼。それはのちに殺人事件へ。脱出ゲーム成功は可能なのか…?
0
0件のコメント

“ひかり66号”に流れる鮮血!殺された男は芸能プロダクションの実力者だった。折しも万博音楽プロデューサーの椅子という巨大な利権をめぐり、二大芸能プロの暗闘が続いていた。犯人はライバルプロの人間か!?“ひかり”に絶対に追いつけない“こだま”新幹線の時間の壁が、捜査陣の前に立ちふさがる。独創的なトリックと鋭い社会性。鉄道推理の記念碑的傑作。

入院先のビーチサイドで拾った骨片。このとき主人公が手にした女の武器。野望達成の先にたどり着いたものは?
0
0件のコメント

芥川賞受賞作家の真骨頂・新境地!横溢する暴力と身体、無垢なる魂。言葉を与えられていない領域に光をあて物語を紡ぐ。

理性に抑えられながら生きるとは…?人は何らかのきっかけで超えてはならない一線を超えてしまう主人公。これを軸にイデオロギーとは何かを問う問題作にして必読の書。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

復習に執着する怪人。それを追う探偵をよそに怪人の足音は既に…?ミスチルの楽曲がさらに怖さを増加する!
0
0件のコメント
名探偵の前では尻尾をつかめない怪人の正体…ミスチルの楽曲とともに姿を消す。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

半分だけよ 大人の真似
後の残り 純粋なまま
金田一が3つの難事件を推理する過程で大人に振り回された少年の叫び。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

倉田まり子さんがカバーした歌。冒険の旅の終わりに記録が残る代償としてさよならが来る焦燥感を柔らく歌いあげる。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

神戸を舞台に検察官近松の推理の冴え!解決してもなおやるせなさを覚える4つの難事件。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

ごくうだつの上がらない田舎教師に、あるとんでもない才能があったとしたら?怪奇から社会派への転換期に発表した著者唯一のSF。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

ラストになってわかる生まれながらの宿命。これはさすがに同情を禁じずにいられない。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

ほんとうにひどい という岡山弁の意味。ぼっけぇ、きょうてぇの続編で、短編一遍の区切りにつき
OH OH OH ときめきのOH

あのフレーズは後楽園ライブよりも読後の方が絶叫したくなる。
0
0件のコメント
ひとときだけ愛して 過ちでもいいのよ
このフレーズが男爵にとってはどう捉えるか?また主人公にとってはこれが事件の予兆と捉えてしまうのか?
0
0件のコメント