津原泰水

ヒッキーヒッキーシェイク (ハヤカワ文庫JA)

本のあらすじを読むことができます。
OK

古タイヤの溝掘り職人であるジャックの日常はある日狂い始める……。ディックの自伝的作品にして主流文学の代表作を、新訳で刊行。『戦争が終り、世界の終りが始まった』改題。

津原さんの小説を読むと「どんな生き方をしてもいいんだよ」というメッセージが伝わってきます。なので、あえてヴォーカルをリンゴ・スターのこの曲にしました。
0
0件のコメント

津原泰水

ブラバン (新潮文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

一九八〇年、吹奏楽部に入った僕は、管楽器の群れの中でコントラバスを弾きはじめた。ともに曲をつくり上げる喜びを味わった。忘れられない男女がそこにいた。高校を卒業し、それぞれの道を歩んでゆくうち、いつしか四半世紀が経過していた――。ある日、再結成の話が持ち上がる。かつての仲間たちから、何人が集まってくれるのだろうか。ほろ苦く温かく奏でられる、永遠の青春組曲。

外国の歌だけど歌詞もみたらぴったりだなって思ったんです ― ぶるー
0
0件のコメント

津原泰水

妖都 (ハヤカワ文庫JA)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

とても不思議で、イヤな人がたくさん出てくる話だけど救いもありました。この曲がうかんできましたよ(*´ω`*)
0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK