紅蓮館の続き。火のつぎは水です。かなり分厚いんですけど夢中になって読みました。名探偵の復活が熱い。面白かったです(*´-`)
0
0件のコメント
13も話があって読みごたえがすごい中国SF短編集です。ほんとに北京おりたたみます。好きなのは沈黙都市です(^o^)
0
0件のコメント
圏内ちゃんの三作目。今回はAIちゃんが降臨。即身仏事件の謎をときます。最近はAIが進化して色々話題になってますね(。-∀-)
0
0件のコメント

山手線の電車内だけに神出鬼没で現れるといわれる謎の名探偵――山手線探偵・霧村雨。彼を支えるのは、小学5年生の助手・シホと、見当違いな推理を働かせまくる自称作家の三木幹夫。彼らトンチンカン3人組が、日常の謎から殺人事件まで、どんな事件でも解決します!

山手線にいる謎の探偵たちが事件を解決します。助手のシホちゃんとの出会いのきっかけも気になりますね。楽しい曲にしましたよ(^^)
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

ルピナス探偵団の続編。探偵団最後の活動から時間が戻り、学園の卒業で終わります。綺麗な終わりです。この曲にしました(^^)
0
0件のコメント
学園探偵のアンソロジーです。青春の味がしました。最後のスプリング・ハズ・カムが面白かったです。この曲にしました(^.^)
0
0件のコメント
名探偵ホーソーンのシリーズ二作目です。パズルがはまっていって謎がきれいにとけるのは気持ちがいいです。この曲にしました(^^)
0
0件のコメント
館ものミステリーのアンソロジーです。周木先生の煙突館の実験的殺人が面白かったです。館だからこのバンドにしました(^.^)
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

本屋さんが舞台のミステリーです。ほのぼの日常の謎かと思いきや意外とそうでもなかったりします。ブックだからベックにしました(^o^)/
0
0件のコメント
館ものミステリのアンソロジーです。はやみね先生のは楽しいし、白井先生のはグロさが強烈でした。館だからなんとなくこのグループ(^^)
0
0件のコメント

<2020年1月アニメ放送開始!> <本格ミステリ大賞受賞作シリーズ!> <シリーズ累計300万部突破!> 【放送情報】 テレビ朝日 1月11日より毎週土曜25:30~ MBS 1月11日より毎週土曜26:38~ BS日テレ 1月14日より毎週火曜24:00~ dアニメストア、GYAO!ほかにて配信! 【CAST】 岩永琴子:鬼頭明里 桜川九郎:宮野真守 弓原紗季:福圓美里 七瀬かりん:上坂すみれ 寺田刑事:浜田賢二 桜川六花:佐古真弓 【STAFF】 原作:城平 京(講談社タイガ刊) 漫画:片瀬茶柴(講談社『少年マガジンR』連載) 監督:後藤圭二 シリーズ構成:高木 登 キャラクターデザイン・総作画監督:本多孝敏 アニメーション制作:ブレインズ・ベース 制作:NAS 【MUSIC】 オープニング:「モノノケ・イン・ザ・フィクション」嘘とカメレオン エンディング:「LAST DANCE」宮野真守 巨大な鉄骨を手に街を徘徊するアイドルの都市伝説、鋼人七瀬。 人の身ながら、妖怪からもめ事の仲裁や解決を頼まれる『知恵の神』となった岩永琴子と、とある妖怪の肉を食べたことにより、異能の力を手に入れた大学院生の九郎が、この怪異に立ち向かう。その方法とは、合理的な虚構の推理で都市伝説を滅する荒技で!? 驚きたければこれを読め――本格ミステリ大賞受賞の傑作推理! 終始ゾクゾクしっぱなし……息もつかせぬ物語とはまさにこのことだと思います。意外な展開、予想外な事実、桁外れな人物、奇妙な現実、異様な虚構、奇想天外な“戦い”――。絶妙に狙い澄まして放たれる数々の“驚き”の奔流に溺れそうになりましたが、エラ呼吸を会得することでどうにか事なきを得ました。 のちの半魚人である(←新しい都市伝説)。 ――『僕は友達が少ない』の平坂読氏推薦!! 「本格」の今後が有する可能性を大きく押しひろげた一作(作家・氷川透) ただただ作者の才能に嫉妬するばかり(作家・黒田研二) おおおお前を倒すのはこの俺だ!(作家・汀こるもの) 内奥に錨を下ろした論理、奇矯でありながらつらぬかれたロジック。破格のミステリ(作家・辻真先) 辻褄の合った論理こそ、時には真実から最も遠ざかるものではないか――(書評家・千街晶之) 驚きを通り越して爽やかな敗北感さえ抱かされた(作家・太田忠司) 「真相」の意味について刺激的な考察を展開(作家・大山誠一郎) 「本格ミステリのロジック」の持つ魅力と危うさを純粋培養したような小説(作家・光原百合)

妖怪を退治するために嘘の推理で他人を納得させることになる話です。ライトぽいけど本格ミステリ大賞受賞作。雰囲気でこの曲にしました(^^)
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

ぼぎわんのシリーズ、今回は幽霊屋敷の話です。またまた怖くて面白い。ざああと音がするからこの曲にしました(p^-^)p
0
0件のコメント

堀川次郎は高校二年の図書委員。利用者のほとんどいない放課後の図書室で、同じく図書委員の松倉詩門(しもん)と当番を務めている。背が高く顔もいい松倉は目立つ存在で、快活でよく笑う一方、ほどよく皮肉屋ないいやつだ。そんなある日、図書委員を引退した先輩女子が訪ねてきた。亡くなった祖父が遺した開かずの金庫、その鍵の番号を探り当ててほしいというのだが……。放課後の図書室に持ち込まれる謎に、男子高校生ふたりが挑む全六編。爽やかでほんのりビターな米澤穂信の図書室ミステリ、開幕!

図書委員の男子二人が主人公のミステリです。相変わらずチクリとくる結末で面白いです。この曲がいいと思いました(^^)
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

カイドウとの戦いが決着。外の世界でも意外な動きがあり、ここからが本当のワンピースだそうで楽しみです。燃える曲にしました(^.^)
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

大きな事件はおきないけどハラハラする短編集です。急にストンと終わり、え、どうなっちゃうのと驚くのが面白いです。好きな歌手にしました(^^)
0
0件のコメント

東川篤哉長編史上、最大最長最新傑作! 嵐によって隔絶された瀬戸内の孤島 巨大な球形展望室を有する異形の館 遺言に従って集められた一族の面々 デビュー20周年記念刊行 岡山の名士が遺した二通の遺言状。一通目の遺言に従って、一族の面々は瀬戸内の孤島・斜島に集められた。行方を晦ましていた怪しげな親族までもが別荘『御影荘』に招かれて奇妙な空気に包まれるなか、もう一通の遺言状は読みあげられた。翌朝、相続人の一人が死体となって発見される。折しも嵐によって島は外界から隔絶される事態に。相続人探しの依頼を受けていた私立探偵・小早川隆生と遺言執行人の代理を務める弁護士・矢野沙耶香、ふたりは次から次へ奇怪な事件に巻き込まれていく。鬼面の怪人物の跳梁、消える人影、そして一族が秘密にしていた二十三年前の悲劇――続発する怪事の果て、探偵たちの眼前に驚愕の真相が現出する! 本屋大賞作家が満を持して放つ、謎解きの興趣を隅々まで凝らした長編ミステリ。

館島の続編の長編ミステリです。またまた驚くでかいトリックが楽しめますよ。明るい曲にしました(p^-^)p
0
0件のコメント

*注意! この短編集はすべての短編に叙述トリックが含まれています。騙されないよう、気をつけてお読みください。 本格ミステリ界の旗手が仕掛ける前代未聞の読者への挑戦状! よく「叙述トリックはアンフェアだ」と言われてしまいます。これが叙述トリックというものの泣きどころです。 では、アンフェアにならずに叙述トリックを書く方法はないのでしょうか? 答えはノーです。最初に「この短編集はすべての話に叙述トリックが入っています」と断る。そうすれば皆、注意して読みますし、後出しではなくなります。 問題は「それで本当に読者を騙せるのか?」という点です。最初に「叙述トリックが入っています」と断ってしまったら、それ自体がすでに大胆なネタバレであり、読者は簡単に真相を見抜いてしまうのではないでしょうか? そこに挑戦したのが本書です。果たして、この挑戦は無謀なのでしょうか? そうでもないのでしょうか?その答えは、皆様が本書の事件を解き明かせるかどうか、で決まります。(「読者への挑戦状」より一部抜粋)

叙述トリックて最初に言っちゃう叙述トリックのミステリです。仕掛けがわかったら笑いましたよ。明るい曲にしました(^.^)
0
0件のコメント

高校2年生の3学期を迎える智子。修学旅行のメンバーと徐々に距離が縮まり“ぼっち”でなくなる日々が多くなる。ついに“ぼっち”卒業か!? そしてあの先輩も卒業が…。出会いと別れの2年生編が完結。

卒業する先輩の優しさで、まさかの成長をするもこっち。プロのぼっちとして訳ありの人達からモテモテになっていきます(^^)
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

閉ざされた雪の山荘で事件がおきる、という設定のお芝居をしているばずがなんか変?ていう話です。変わった曲にしました(^.^)
0
0件のコメント

人形を修復することは、 ひとの心を治すこと。 人形修復を請け負う小さな店の 素人店主と優秀な職人たちが出会う 不可思議な謎<br>名手が綴る珠玉のミステリ連作集 特別書下ろし短篇収録 会社をリストラされ突如無職となった澪(みお)は、祖母が遺した小さな人形店を継ぐことにした。人形マニアの青年・冨永と謎多き職人・師村の助けを得て、いまでは人形修復を主軸にどうにか店を営んでいる──自分がモデルになったという、顔を粉々に砕かれた創作人形の修復を希望する美しい女性。だが、その人形が創られたのは、彼女が生まれた頃と思しい三十年以上前のことだと判明する(「毀す理由」)。ほか、伝統的な雛人形を有する旧家の不審死、チェコの偉大な人形劇団の秘密など、名手が人形を通して人の心の謎を描く珠玉の短編を収める。書き下ろし短編「回想ジャンクション」を収録。 解説=紅玉いづき

人形のお店が舞台のお話で、日本や外国のいろんな人形が出てきますよ。主役の三人のやりとりが楽しい。人形だからこの曲(^o^)/
0
0件のコメント