藤沢周平

蝉しぐれ

本のあらすじを読むことができます。
OK

苛烈な運命に翻弄されつつ成長してゆく少年藩士を描いた、藤沢作品の金字塔。

ハナミズキのイントロを聴くだけで蟬しぐれの世界の情景が広がりますねー懐かしい。
0
0件のコメント

藤沢周平

新装版 隠し剣孤影抄 (文春文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

藤沢周平好きなのは父の影響です。隠し剣シリーズは素晴らしいので、読んで。
0
0件のコメント

藤沢周平

たそがれ清兵衛 (新潮文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

下城の太鼓が鳴ると、いそいそと家路を急ぐ、人呼んで「たそがれ清兵衛」。領内を二分する抗争をよそに、病弱な妻とひっそり暮してはきたものの、お家の一大事とあっては、秘めた剣が黙っちゃいない。表題作のほか、「ごますり甚内」「ど忘れ万六」「だんまり弥助」「日和見与次郎」等、その風体性格ゆえに、ふだんは侮られがちな侍たちの意外な活躍を描く、痛快で情味あふれる異色連作全八編。

さまざまなコンプレックスを抱えた侍たち、実は彼らは剣の達人だった……という要約すれば実に陳腐な短編集ですが、そこは藤沢周平の筆致、丁寧に温かく人間を描いています。

尺八の音色だけでないところが選曲のこだわりポイントです~
0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK