村上春樹

1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)

1Q84年―私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう。青豆はそう決めた。Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。彼女は歩きながら一人で肯いた。好もうが好むまいが、私は今この「1Q84年」に身を置いている。私の知っていた1984年はもうどこにも存在しない。...ヤナーチェックの『シンフォニエッタ』に導かれて、主人公・青豆と天吾の不思議な物語がはじまる。

1Q84年―私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう。青豆はそう決めた。Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。彼女は歩きながら一人で肯いた。好もうが好むまいが、私は今この「1Q84年」に身を置いている。私の知っていた1984年はもうどこにも存在しない。...ヤナーチェックの『シンフォニエッタ』に導かれて、主人公・青豆と天吾の不思議な物語がはじまる。

アーティスト

曲のタイトル

その本に音楽をならそう。
今すぐ投稿する
この作品で最も♥が多いBGMです(同数の場合は先に投稿した方)。
OK
ベストBGM

村上春樹

1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

1Q84年―私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう。青豆はそう決めた。Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。彼女は歩きながら一人で肯いた。好もうが好むまいが、私は今この「1Q84年」に身を置いている。私の知っていた1984年はもうどこにも存在しない。...ヤナーチェックの『シンフォニエッタ』に導かれて、主人公・青豆と天吾の不思議な物語がはじまる。

1Q84といえば月だ。月の光がこの世界の調和を崩しそこから生まれる悪意もあれば奇跡もある。
文量自体は長いけれど、全体的に洗練されていてシンプルな印象であり、どこか違う世界を生きた神秘的なイメージにも合うのはドビュッシー『月の光』だと思う。特に最後のシーンにおいて、この選曲は自分の読後感を代弁し、強烈な印象を残してくれた。
0
0件のコメント