伊坂幸太郎

終末のフール

本のあらすじを読むことができます。
OK

八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。

0
0件のコメント

小野正嗣

森のはずれで

本のあらすじを読むことができます。
OK

異国の森の小さな家で、幼子と二人きり、妻を待つ。森から声が聞こえる、奇妙な住人が訪れる、妻は戻らない...三島由紀夫賞受賞作『にぎやかな湾に背負われた船』から四年、小説の新たな可能性を切り拓く傑作短編小説集。

劇薬を撒いて植物たちを救おうとした男の子は、善意だけで行動したのだろうか。

憂鬱そうに笑いながら橙色の砂を巻いた彼は、劇薬を撒いた挙句自らに振りかかって息絶えた、あのギザギザの歯の少年に似ていた。

金色や銀色の幾筋もの光の輪が、通路を塞ぐように、森を照らしている。

死者を弔い、憐れむように。
0
0件のコメント

奈須きのこ,こやまひろかず

DDD 2 (講談社BOX)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

S.vs.S
の方の個人的テーマ曲。

朧気"夢を覚えているか?"

そう"隠し続けてく"
そう進み行く"意味もなく"

遥か丘で"花"が笑う
『進むなかれ』と
『響くなかれ』と

【けれど。その前に、あまりにも辛いものを見た】
懐かしき日あの暁
涙落ちるただはらはらと

おお染み渡る
ようにふっと眩む
0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK