この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

『マリーゴールド』を初めて聴いたとき、麦わら帽子をかぶるつぐみの姿が、一瞬見えたような気がしました。

病弱で気まぐれだから、いつでも会えるわけではない。次に手を放したら、どこかに消えていってしまうかもしれない。そんな儚さも、曲の世界観に合っていると思います。
0
0件のコメント

“ひかり66号”に流れる鮮血!殺された男は芸能プロダクションの実力者だった。折しも万博音楽プロデューサーの椅子という巨大な利権をめぐり、二大芸能プロの暗闘が続いていた。犯人はライバルプロの人間か!?“ひかり”に絶対に追いつけない“こだま”新幹線の時間の壁が、捜査陣の前に立ちふさがる。独創的なトリックと鋭い社会性。鉄道推理の記念碑的傑作。

入院先のビーチサイドで拾った骨片。このとき主人公が手にした女の武器。野望達成の先にたどり着いたものは?
0
0件のコメント
喫茶店で隣の席の女の子がリトルシガーくゆらしながら読んでた。
嘘だけど。

11年 待ち続けてきた 期待感
軽くいなして 今日も小市民

字余り。

冬季が来ても卒業してもずっと終わらないでくれ〜〜〜〜〜〜〜〜
0
0件のコメント
当たり前のことを続けることは、一種の才能だ。毎日使うものを磨いて綺麗にして、気持ちよく明日を迎える。それだけで日常は少しずつ輝く。心に風が吹き込まれて、生きる愛着が増すのだと。
0
0件のコメント

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 妊娠中のもぐらと一緒に写真をとったり、町内の縄文人街を散歩したり、子供たちを折りたたんで押入れにしまったり、中くらいの災難に見舞われ一時乳房等の数が二倍になったり。奇想天外でヘンテコで不気味な出来ごとが、次々と繰りだされる日常を、ごく淡々と送る女性の、ユーモラスな春夏秋冬。一足踏みいれたらきっととりこになる、とっぷりと心地よい「椰子・椰子」ワンダーランド。

間延びした日常が可笑しさを含んで続く様が好きだ。今は野鳥荘の家主とぺたぺたさんに出会いたい。レトロなサウンドに奇妙で愛しい歌詞を合わせて。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

第二次世界対戦の、ソ連の女性狙撃手の話です。迫力のある戦い、びっくりな展開、読みやすくて、ぐいぐい読めました(*´∀`)
0
0件のコメント

財閥・紀尾井グループ会長の令嬢姉妹が搭乗していた小型飛行機が、北アルプス後立山で消息を絶った。それを聞いた姉妹の婚約者は、公にせず、別々に捜索隊をたて、秘密裏に現場へ向かう。会長が死の床にあり、その財産を独占するための絶好の機会と捉えたのだ。何人も寄せつけない「幻の谷」で、過酷な自然を舞台に様々な人間の野望と思惑が交錯する傑作山岳推理。

莫大な資産を巡り天空の密室といわれる北アルプスに閉じ込められた男女の疑心暗鬼。それはのちに殺人事件へ。脱出ゲーム成功は可能なのか…?
0
0件のコメント