芥川龍之介,げみ

蜜柑 (立東舎 乙女の本棚)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

夕暮れ感
0
0件のコメント
相鉄のCMのあれです。でも、いい感じにマッチしてる気もしなくもないです。
0
0件のコメント

芥川龍之介,げみ

蜜柑 (立東舎 乙女の本棚)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

これが流れて消えません
0
0件のコメント

芥川龍之介

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

本作中の「蜘蛛の糸」に対する選曲です。

利己的な考えや発言をしていなければ、蜘蛛の糸は切れずに済んだだろう。

地獄に逆戻りしたカンダタを待ち受けるのは、こんな日々なんだろう。
0
0件のコメント

芥川龍之介,げみ

蜜柑 (立東舎 乙女の本棚)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

品のある気怠さから始まる両作。しばらくしてから少女は不可解な行動をとるが、その先にあるのは温かく煌めく一瞬の情景。
蜜柑が舞う姿が美しくて好きです。
曲のコンパクトなサイズも相まって、この小説にぴったりだと思いました。
0
0件のコメント

芥川龍之介,げみ

蜜柑 (立東舎 乙女の本棚)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

あなたが遠い空の下でいつか思い出す記憶が優しさで溢れていますようにというフレーズ
優しさが蜜柑色に染まっているような情景が浮かびました。
0
0件のコメント

芥川龍之介,げみ

蜜柑 (立東舎 乙女の本棚)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

これしか思い浮かびませんでした。
0
0件のコメント

芥川龍之介,げみ

蜜柑 (立東舎 乙女の本棚)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

イベントでの投稿です!
ただ単にタイトルがオレンジ=蜜柑というイメージとサビの「オレンジの光の先へ行く」というところが蜜柑が窓から落ちていく感じと被るなと思いました。
0
0件のコメント

芥川龍之介,げみ

蜜柑 (立東舎 乙女の本棚)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

終始鬱屈した感じの曲ですが、ラストに一瞬変化があるところが、似てる。かもしれない。
0
0件のコメント

芥川龍之介,げみ

蜜柑 (立東舎 乙女の本棚)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

ノスタルジーと乗り物感
0
0件のコメント

芥川龍之介,げみ

蜜柑 (立東舎 乙女の本棚)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

朝ドラのまんぷくでも流れたこの曲。
軍歌としてよく歌われましたが、その理由は現状が大変ですが気持ちは明るくという趣旨。

今回の作品は、気持ちが落ち込む私が、少女の蜜柑によって、一時でも気持ちが晴れる。

その変化を重ね合わせました。
0
0件のコメント

芥川龍之介

河童・或阿呆の一生

本のあらすじを読むことができます。
OK

生涯のさまざまな出来事と心情を印象記ふうにつづった芥川晩年の代表作「或阿呆の一生」のほか、同じく晩年の風刺詩といってもよい「河童」「歯車」を収録。『河童』では、当時の日本社会、あるいは人間社会を痛烈に風刺、批判している。

0
0件のコメント

芥川龍之介,げみ

蜜柑 (立東舎 乙女の本棚)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

田舎の自然の中で流れる静かな時間と偶然?のシチュエーションに浸れるピアノミュージック
0
0件のコメント

芥川龍之介,げみ

蜜柑 (立東舎 乙女の本棚)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

急に物語が現れ出てきたのが、ちょっと幻想的だったので。
0
0件のコメント

芥川龍之介

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

本作内の「杜子春」に対する選曲です。

一度は大金持ちとなった杜子春でしたが、人付き合いに疲れてしまいます。

そんな彼が選んだ道は仙人となることでした。
仙人になるためには、たとえ何があっても一言も発してはいけない。

氷の壁は試練であり、修行中の杜子春だと思いました。
0
0件のコメント

芥川龍之介

羅生門・鼻

本のあらすじを読むことができます。
OK

ワルに生きるか、飢え死にするか、ニキビ面の若者は考えた……。

京の都が、天災や飢饉でさびれすさんでいた頃の話。荒れはてた羅生門に運びこまれた死人の髪の毛を、一本一本とひきぬいている老婆を目撃した男が、生きのびる道を見つける『羅生門』。あごの下までぶらさがる、見苦しいほど立派な鼻をもつ僧侶が、何とか短くしようと悪戦苦闘する『鼻』。ほかに、怖い怖い『芋粥』など、ブラック・ユーモアあふれる作品6編を収録。

0
0件のコメント

芥川龍之介

羅生門・鼻

本のあらすじを読むことができます。
OK

ワルに生きるか、飢え死にするか、ニキビ面の若者は考えた……。

京の都が、天災や飢饉でさびれすさんでいた頃の話。荒れはてた羅生門に運びこまれた死人の髪の毛を、一本一本とひきぬいている老婆を目撃した男が、生きのびる道を見つける『羅生門』。あごの下までぶらさがる、見苦しいほど立派な鼻をもつ僧侶が、何とか短くしようと悪戦苦闘する『鼻』。ほかに、怖い怖い『芋粥』など、ブラック・ユーモアあふれる作品6編を収録。

0
0件のコメント

芥川龍之介

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

本のあらすじを読むことができます。
OK

あらすじは準備中です。

本作内の「犬と笛」に対する選曲です。

作詞家の方が愛犬に向けて書かれた曲だそうです。

犬が好きで、「嗅げ」「噛め」「飛べ」をもらった髪長彦は、3匹をうまく使い姫を助ける。

犬好きに加え、優秀な3匹の犬を大切にすることは間違いないだろう。
0
0件のコメント
BGM(本×音楽)を投稿できます。
上にスクロールで表示。
OK