耳を澄ませば、彼らの声が聞こえるはず。ヒロシマ、ナガサキ、トウキョウ、コウベ、トウホク...。生者と死者の新たな関係を描いた世界文学の誕生。

静かにチューイングを合わせて。どんなに悲しくても声は聞こえる。耳をすませてゆっくり目を閉じれば、DJアークのラジオだ。
0
0件のコメント

本書は2018年6月3日に「レンタルなんもしない人」というサービスがスタートした時から、2019年1月31日「スッキリ」(日本テレビ)出演まで、半年間におこった出来事をほぼ時系列で(だいたい)紹介するノンフィクション・エッセイです。本当になんもしてないのに次々に起こるちょっと不思議でこころ温まるエピソードの数々。

なんもしない状態がいつしかアイデンティティに膨らんで、独自の哲学を構築し独り歩きする様子がシュールで興味深かったです。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

第二次世界対戦の、ソ連の女性狙撃手の話です。迫力のある戦い、びっくりな展開、読みやすくて、ぐいぐい読めました(*´∀`)
0
0件のコメント
当たり前のことを続けることは、一種の才能だ。毎日使うものを磨いて綺麗にして、気持ちよく明日を迎える。それだけで日常は少しずつ輝く。心に風が吹き込まれて、生きる愛着が増すのだと。
0
0件のコメント

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 妊娠中のもぐらと一緒に写真をとったり、町内の縄文人街を散歩したり、子供たちを折りたたんで押入れにしまったり、中くらいの災難に見舞われ一時乳房等の数が二倍になったり。奇想天外でヘンテコで不気味な出来ごとが、次々と繰りだされる日常を、ごく淡々と送る女性の、ユーモラスな春夏秋冬。一足踏みいれたらきっととりこになる、とっぷりと心地よい「椰子・椰子」ワンダーランド。

間延びした日常が可笑しさを含んで続く様が好きだ。今は野鳥荘の家主とぺたぺたさんに出会いたい。レトロなサウンドに奇妙で愛しい歌詞を合わせて。
0
0件のコメント
海の勇士ボライソーシリーズ。イギリス海軍の帆船の話です。昔の軍隊のこととか詳しく書いてあります。戦いも迫力あるからハラハラ(^o^)
0
0件のコメント
似た者同士、好きなものが一緒!と意気投合したふたり。
それでも大学を卒業して同棲して、就職して…と徐々にすれ違っていくふたり。

最後まで似た者同士の二人なんだなぁと、
それでも見ている方向が違って。

余裕がないときこそ、
お互いの違いを理解しあえたら、
面白がれたら良かったね。

あのとき同じ花を見て美しいといった二人の心と心がー今はもう通わない🎵
0
0件のコメント

デビュー戦を初回KOで飾ってから三敗一分。当たったかもしれないパンチ、これをしておけば勝てたかもしれない練習。考えすぎてばかりいる21歳プロボクサーのぼくは自分の弱さに、その人生に厭きていた。長年のトレーナーにも見捨てられ、変わり者のウメキチとの練習の日々が、ぼくを、その心身を、世界を変えていく――。《第160回芥川賞受賞作》。

逢えなくなるその日まで
あなたといたい
今日よりも暖かい明日を

負けっぱなしのボクサーがトレーナーのウメキチと交流するとき、果たして世界を獲れるのか?
0
0件のコメント

財閥・紀尾井グループ会長の令嬢姉妹が搭乗していた小型飛行機が、北アルプス後立山で消息を絶った。それを聞いた姉妹の婚約者は、公にせず、別々に捜索隊をたて、秘密裏に現場へ向かう。会長が死の床にあり、その財産を独占するための絶好の機会と捉えたのだ。何人も寄せつけない「幻の谷」で、過酷な自然を舞台に様々な人間の野望と思惑が交錯する傑作山岳推理。

莫大な資産を巡り天空の密室といわれる北アルプスに閉じ込められた男女の疑心暗鬼。それはのちに殺人事件へ。脱出ゲーム成功は可能なのか…?
0
0件のコメント

“ひかり66号”に流れる鮮血!殺された男は芸能プロダクションの実力者だった。折しも万博音楽プロデューサーの椅子という巨大な利権をめぐり、二大芸能プロの暗闘が続いていた。犯人はライバルプロの人間か!?“ひかり”に絶対に追いつけない“こだま”新幹線の時間の壁が、捜査陣の前に立ちふさがる。独創的なトリックと鋭い社会性。鉄道推理の記念碑的傑作。

入院先のビーチサイドで拾った骨片。このとき主人公が手にした女の武器。野望達成の先にたどり着いたものは?
0
0件のコメント

高校一年の斉藤くんは、年上の主婦と週に何度かセックスしている。やがて、彼女への気持ちが性欲だけではなくなってきたことに気づくのだが――。姑に不妊治療をせまられる女性。ぼけた祖母と二人で暮らす高校生。助産院を営みながら、女手一つで息子を育てる母親。それぞれが抱える生きることの痛みと喜びを鮮やかに写し取った連作長編。R-18文学賞大賞、山本周五郎賞W受賞作。

本当は一本道の迷路 散々迷って人は歩くよ
理由はなくとも足は出すよ
そうすれゃそれが理由になるもん
0
0件のコメント

捜査一課の凸凹コンビがふたたび登場!新興宗教団体がたくらむ“ハルマゲドン”。妹を人質にとられた設楽と海月は、最悪のテロを防ぐことができるのか!?連ドラ化された人気シリーズ第2弾!

カルト教団から妹を助けて、テロを防ぐ話です。かわいい表紙だけどびっくりなとこもあり、楽しかったです。タイトルとノリでこの曲にしました(*´∀`)
0
0件のコメント

芥川賞受賞作家の真骨頂・新境地!横溢する暴力と身体、無垢なる魂。言葉を与えられていない領域に光をあて物語を紡ぐ。

理性に抑えられながら生きるとは…?人は何らかのきっかけで超えてはならない一線を超えてしまう主人公。これを軸にイデオロギーとは何かを問う問題作にして必読の書。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

復習に執着する怪人。それを追う探偵をよそに怪人の足音は既に…?ミスチルの楽曲がさらに怖さを増加する!
0
0件のコメント
おんがくよ 人を生かせ 生かせ 生かせ!!!
0
0件のコメント

この島のできる限りの全部の情報が、いつか全世界の真実と接続するように。世界が変貌し続ける今、しずかな祈りが胸にせまる感動作。

歩き出した巨大な影の背に乗って私は何を知りたいのだろう
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

青い暗闇、傾げた枕木、澄ます耳元に静かな汽笛の音
0
0件のコメント

「おまえなあ、いいかげんにしろよ!」と叫びたくなるほどの性悪女、アレグリア。男に媚ばかり売って、すぐ疲れたと言っては休み、ふて腐れて動かなくなる。ミノベの怒りはとどまるところを知らないのだが、まわりの反応はいまひとつ。コピー機に文句を言ってもねえ、と先輩は言うが...。表題作に、地下鉄で繰り広げられる心理戦を描く「地下鉄の叙事詩」を併録。

何もいいと思えない、余り憤慨もしない、今日は何曜日だった?
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

名探偵法月倫太郎シリーズ。星座にまつわる事件の短編集です。6つの短いけど読みごたえがあるミステリーですよ。星だからこの曲にしました(^o^)
0
0件のコメント

現代美術の閉塞状況を打破し続ける画家、大竹伸朗20年間のエッセイ。常に次の作品へと駆り立てる「得体の知れない衝動」とは?「「既にそこにあるもの」という言葉は、あれから自分の中で微妙な発酵を繰り返しつつ、時に内側からこちらに不敵な笑みの挑発を繰り返す」。文庫化にあたり、新作を含む木版画30点、カラー作品、未発表エッセイ多数収録。

美しくて、そしてどうしようも無い悲劇だった
どこかでやり直せたようで、何もかもがあるようにあった

だからせめて、終わらない夏を
過去へ向かって、手を伸ばして
0
0件のコメント