人生の最後に食べたいおやつは何ですか――若くして余命を告げられた主人公の雫は、瀬戸内の島のホスピスで残りの日々を過ごすことを決め、本当にしたかったことを考える。ホスピスでは、毎週日曜日、入居者がリクエストできる「おやつの時間」があるのだが、雫はなかなか選べずにいた。食べて、生きて、この世から旅立つ。すべての人にいつか訪れることをあたたかく描き出す、今が愛おしくなる物語。2020年本屋大賞第2位。

「スタンバイ、オーケー」
それでも行くのは怖い。
幾度となく自問自答を繰り返した夜に、
食べる「幸福」を知る。
あちらの世界はきっと真っ白で、
埃一つない清潔な世界だ。
「あのお菓子が食べたい」
それだけで人は生きていける。
その日がやって来るまで、炎を点し続けるのだ。
0
0件のコメント

堀川次郎は高校二年の図書委員。利用者のほとんどいない放課後の図書室で、同じく図書委員の松倉詩門(しもん)と当番を務めている。背が高く顔もいい松倉は目立つ存在で、快活でよく笑う一方、ほどよく皮肉屋ないいやつだ。そんなある日、図書委員を引退した先輩女子が訪ねてきた。亡くなった祖父が遺した開かずの金庫、その鍵の番号を探り当ててほしいというのだが……。放課後の図書室に持ち込まれる謎に、男子高校生ふたりが挑む全六編。爽やかでほんのりビターな米澤穂信の図書室ミステリ、開幕!

図書委員の男子二人が主人公のミステリです。相変わらずチクリとくる結末で面白いです。この曲がいいと思いました(^^)
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

カイドウとの戦いが決着。外の世界でも意外な動きがあり、ここからが本当のワンピースだそうで楽しみです。燃える曲にしました(^.^)
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

地下世界から見えてくる、本当の世界。
スリリングなSF小説に「Brace yourself」の歌詞リフレインがぴったりです!
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

大きな事件はおきないけどハラハラする短編集です。急にストンと終わり、え、どうなっちゃうのと驚くのが面白いです。好きな歌手にしました(^^)
0
0件のコメント

東川篤哉長編史上、最大最長最新傑作! 嵐によって隔絶された瀬戸内の孤島 巨大な球形展望室を有する異形の館 遺言に従って集められた一族の面々 デビュー20周年記念刊行 岡山の名士が遺した二通の遺言状。一通目の遺言に従って、一族の面々は瀬戸内の孤島・斜島に集められた。行方を晦ましていた怪しげな親族までもが別荘『御影荘』に招かれて奇妙な空気に包まれるなか、もう一通の遺言状は読みあげられた。翌朝、相続人の一人が死体となって発見される。折しも嵐によって島は外界から隔絶される事態に。相続人探しの依頼を受けていた私立探偵・小早川隆生と遺言執行人の代理を務める弁護士・矢野沙耶香、ふたりは次から次へ奇怪な事件に巻き込まれていく。鬼面の怪人物の跳梁、消える人影、そして一族が秘密にしていた二十三年前の悲劇――続発する怪事の果て、探偵たちの眼前に驚愕の真相が現出する! 本屋大賞作家が満を持して放つ、謎解きの興趣を隅々まで凝らした長編ミステリ。

館島の続編の長編ミステリです。またまた驚くでかいトリックが楽しめますよ。明るい曲にしました(p^-^)p
0
0件のコメント

死者が視える霊媒・城塚翡翠と、推理作家・香月史郎。心霊と論理を組み合わせ真実を導き出す二人は、世間を騒がす連続死体遺棄事件に立ち向かう。証拠を残さない連続殺人鬼に辿り着けるのはもはや翡翠の持つ超常の力だけ。だがその魔手は彼女へと迫り――。ミステリランキング5冠、最驚かつ最叫の傑作! ★★★★★ ミステリランキング5冠! ★第20回本格ミステリ大賞受賞 ★このミステリーがすごい! 1位 ★本格ミステリ・ベスト10 1位 ★SRの会ミステリベスト10 1位 ★2019年ベストブック さらに2020年本屋大賞ノミネート、第41回吉川英治文学新人賞候補! ★★★★★ 城塚翡翠。 彼女は、なにを視(み)ていたのだろう……? すべてが、伏線。

犯人には早めに目星が付いたのですけど、
最終章でまさかこう来るとは。
もう何も語りません。
0
0件のコメント

小学5年のミレイちゃんが、鎌倉の「さるすべりの館」で過ごすひと夏の物語。赤の部屋には何があるの?なぜ止まっていた時計がとつぜん動き出した?緑の部屋にある肖像画はいったい誰?著者にとってはじめての、小学生から大人まで楽しめる長篇小説。

ぬいぐるみの知能は、人を遥かに凌ぐらしい。
ミレイちゃんが抱いている、熊のぬいぐるみのビーちゃんもそうだった。
豊満で甘い香りの百日紅は、「夏のかけら」を探す旅へと誘う。
この世界は思っているより素敵な色に溢れている。盲目の賢い犬を連れて旅に出よう。争いごとに巻き込まれ、生き別れになったあの人のためにも。
0
0件のコメント

東下りの国司が襲われ、妻子と山中を逃げる。そこへ、くすの実が落ちて―。いじめに遭う中学生の雅也が巨樹の下で...「萌芽」。園児たちが、木の下にタイムカプセルを埋めようとして見つけたガラス瓶。そこに秘められた戦争の悲劇「瓶詰の約束」。祖母が戦時中に受け取った手紙に孫娘は...「バァバの石段」。など、人間たちの木をめぐるドラマが、時代を超えて交錯し、切なさが胸に迫る連作短編集。

樹海の中で雨に打たれ、種を呑み込もうとした幼子はどう思っているのだろう。幾度ある人の逢瀬も、暴力と隣り合わせの日常も、鬱蒼と茂る「ことりの樹」
大樹と比べれば、取るに足らぬものだ。
樹は亡骸を糧にして枝葉を広げる。葉は青虫を肥えさせ、やがて翡翠の蝶の群れを産み、新たな命を育む。人の手で斃された後も、それは奈落まで続いていた。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

一角獣が向ける愛は、人のそれと異なると言う。
不貞を重ねた者を拒み、蹴り飛ばす。
なんて残酷なのだろうか。それと同時に、純で清らかな者を好み愛す二面性を持つ。
人も幻獣も、慈愛と畏怖を抱かせる生き物だ。恐れが無ければ敬えない。全く妖しく、罪深い。
0
0件のコメント

*注意! この短編集はすべての短編に叙述トリックが含まれています。騙されないよう、気をつけてお読みください。 本格ミステリ界の旗手が仕掛ける前代未聞の読者への挑戦状! よく「叙述トリックはアンフェアだ」と言われてしまいます。これが叙述トリックというものの泣きどころです。 では、アンフェアにならずに叙述トリックを書く方法はないのでしょうか? 答えはノーです。最初に「この短編集はすべての話に叙述トリックが入っています」と断る。そうすれば皆、注意して読みますし、後出しではなくなります。 問題は「それで本当に読者を騙せるのか?」という点です。最初に「叙述トリックが入っています」と断ってしまったら、それ自体がすでに大胆なネタバレであり、読者は簡単に真相を見抜いてしまうのではないでしょうか? そこに挑戦したのが本書です。果たして、この挑戦は無謀なのでしょうか? そうでもないのでしょうか?その答えは、皆様が本書の事件を解き明かせるかどうか、で決まります。(「読者への挑戦状」より一部抜粋)

叙述トリックて最初に言っちゃう叙述トリックのミステリです。仕掛けがわかったら笑いましたよ。明るい曲にしました(^.^)
0
0件のコメント

高校2年生の3学期を迎える智子。修学旅行のメンバーと徐々に距離が縮まり“ぼっち”でなくなる日々が多くなる。ついに“ぼっち”卒業か!? そしてあの先輩も卒業が…。出会いと別れの2年生編が完結。

卒業する先輩の優しさで、まさかの成長をするもこっち。プロのぼっちとして訳ありの人達からモテモテになっていきます(^^)
0
0件のコメント

高度知的無機生命体・機械兵に支配され、人口の95%が失われてしまった世界。放浪の旅をするエリサとゲイツは、幼き最高司祭者・サヤが統べるアオキ村へと辿り着く。当初は村人たちと距離のあった2人だったが、次第に打ち解け村を挙げての祭りに招待される。そんな折、村の近くで機械兵の残骸が見つかり―。

痛みや消さない闇を抱えながら、それでも誰かを想う強さを感じさせる音楽と歌詞。小説の心情描写にぴったり。
0
0件のコメント

高度知的無機生命体・機械兵に支配され、人口の95%が失われてしまった世界。放浪の旅をするエリサとゲイツは、幼き最高司祭者・サヤが統べるアオキ村へと辿り着く。当初は村人たちと距離のあった2人だったが、次第に打ち解け村を挙げての祭りに招待される。そんな折、村の近くで機械兵の残骸が見つかり―。

残酷な世界に生まれ落ちてしまった物語の主人公と、そんな彼らの心情をストレートに語る音楽がマッチしています。
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

閉ざされた雪の山荘で事件がおきる、という設定のお芝居をしているばずがなんか変?ていう話です。変わった曲にしました(^.^)
0
0件のコメント

人形を修復することは、 ひとの心を治すこと。 人形修復を請け負う小さな店の 素人店主と優秀な職人たちが出会う 不可思議な謎<br>名手が綴る珠玉のミステリ連作集 特別書下ろし短篇収録 会社をリストラされ突如無職となった澪(みお)は、祖母が遺した小さな人形店を継ぐことにした。人形マニアの青年・冨永と謎多き職人・師村の助けを得て、いまでは人形修復を主軸にどうにか店を営んでいる──自分がモデルになったという、顔を粉々に砕かれた創作人形の修復を希望する美しい女性。だが、その人形が創られたのは、彼女が生まれた頃と思しい三十年以上前のことだと判明する(「毀す理由」)。ほか、伝統的な雛人形を有する旧家の不審死、チェコの偉大な人形劇団の秘密など、名手が人形を通して人の心の謎を描く珠玉の短編を収める。書き下ろし短編「回想ジャンクション」を収録。 解説=紅玉いづき

人形のお店が舞台のお話で、日本や外国のいろんな人形が出てきますよ。主役の三人のやりとりが楽しい。人形だからこの曲(^o^)/
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

ライラの冒険シリーズの作者さんの児童書です。かかしが活躍する楽しい話です。すきなバンドにしました(^^)b
0
0件のコメント

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった...はずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ!奪還に動くや、仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。映画化で話題のハイテンポな都会派サスペンス。

ギャングなのに追われる側に…。こんなサスペンスはいままあっただろうか?
0
0件のコメント

この本のあらすじは準備中です。Amazonで読むこともできます。

愛するものを喪われたとき、すでにさよならへと直結する解明旅行に出た。
0
0件のコメント

両親を殺人事件で亡くした天野直人・七海の兄妹は、養父なる人物に呼ばれ、長野山中のペンションを訪れた。待ち受けていたのは絞殺事件と、関係者全員にアリバイが成立する不可能状況!推理の果てに真実を手にした二人に、諜報機関が迫る。名探偵の遺伝子群を持つ者は、その推理力・問題解決能力から、世界経済の鍵を握る存在として、国際的な争奪戦が行われていたのだ...!

足跡、密室、不可能状況とトリックが楽しめます。メイドさんもいるしバトルもあります。探す話なのでこの曲にしました(^.^)
0
0件のコメント